荻窪 デリヘル

  新着情報

夜になってもある程度人波が多い五日市街道や環八通りとは相反し、爽やかな川のせせらぎと、ほのかに緑の香りがする善福寺川は、都市の喧騒を忘れさせる。
そして、東京都杉並区の中央部に位置する荻窪は、上記の善福寺川にほど近い。
そんな地域に私は一人で住んでいる。

善福寺川の畔を、夜に一人で歩いていたある日、不思議というかエッチな光景に遭遇した。
この流れでエッチな光景というと、青姦を目撃したのではないかと想像する方もいるはずだが、そうではない。
私の意識を惹き付けた始まりは、男性のとある一言からだった。

「ノーパンはどういう感覚?スース―するの?」

誰だってこんな言葉を耳にしたら反応するだろう。
その男女から少し距離を置いたところにベンチがあったので、しばし腰かけてやり取りを聞きにいってしまった。

男「スカートの下がノーパンだなんてエロいな。」
女「・・・もう。恥ずかしい。」
男「こんな会話聞かれたらヤバイだろ。恥ずかしくて濡れてくるんじゃないか?」
女「エッチなんだから・・・確かめてみる?」
男「なんだ、濡れてるじゃないか。」

こんなやり取りをしつつ、男女はどこかへ静かに消えていった。

私「女と夜の川沿いをノーパンでお散歩デートか。しかも濡らしやがって。」

気付けばふとこんなことを口ずさんでしまうほど、興奮していた。
自宅に帰ってからも私の性的欲求は収まらず、その日はデリヘルを呼ぶことにした。
荻窪 デリヘル
と、検索をし、風俗店を見あさる。
同時に、川沿いで遭遇したあのシチュエーションが頭から離れない。
あの男女と同じ体験をしてみたいが、ノーパンでデートができるお店はなかなか見つからない。

そもそも荻窪でデリヘルを利用とすると吉祥寺エリアがメインで出てくるので、風俗店の数も少ない。
母数を広げるために新宿まで絞り込みをしてみた。

すると、一つの人妻デリヘルが目に留まる。
新宿で営業している人妻若妻専門デリヘルの月の真珠-新宿-

ここは人妻店らしいコンセプトで、遊びの方法やオプションが豊富にある。
逢引という、いわゆる店外デートもあった。
さらに、ノーパンノーブラ待ち合わせというオプションもあった。
瞬間的に「これだ」と、感じて予約を入れる。

待ちに待った翌日の夜。
夜と言っても夕刻過ぎの早い時間だが、荻窪駅で待ち合わせをした。
女性と対面して驚いた。
清楚で清潔感ある、若めの綺麗な女性だ。
小綺麗な恰好だが、スカートの下は生の具ということが頭をよぎる。

善福寺川まで移動し、念願だったノーパンのお散歩を始める。
女性はとても愛想が良く、話も弾む。
ノーパンだということ、この後に待ち構えるエロスの時間すらも忘れるほど楽しい。

1時間ほどお散歩をしたが、なんだかノーパンでの川沿いプレイがどうでもよくなった。
それほどまでに楽しいひと時だったのだ。

もちろん、自宅へ移動してからは濃厚なプレイを楽しませてもらえた。
ただ、涼しい季節、濃い藍色の夜空の下で会話したあの時間が素晴らしかった。

【店舗URL】
https://tsukinoshinju-shinjuku.jp/