新宿 デリヘル

  新着情報

新宿でデリヘルを探していたところ、とんでもないお店を見つけた。
人妻若妻をコンセプトとした風俗店【月の真珠-新宿-】だ。

HPに行き着き、中を見あさっていると「プレイ内容が変化する!」と、書かれたコースオプションたるものが目についた。
そして、とんでもなく面白そうな内容を知る。

家政婦というコースオプションだ。

私は、歌舞伎町のマンションで一人暮らしをしている中年男性である。
また、私のように一人暮らしをしている男性であれば、家政婦を雇い、その家政婦との情事を一度は妄想したことがあるのではないだろうか。
この妄想が現実となる内容なのだ。

早速、月の真珠-新宿-へ問い合わせをした。
とても丁寧な電話対応でスムーズに家政婦コースを予約することができた。

予約を入れた日は買い物を済ませていてカレーを作る予定だった。
せっかくなので、女性にカレーを作ってもらうことにした。

予約時間ぴったりに自宅のインターホンが鳴る。
「家政婦」の到着だ。

対面後、すぐに女性から問われた。
「本日は、何をお手伝いいたしましょうか?」

なるほど。
ここから家政婦プレイが始まるのか。

私は、夕食にカレーを作ってもらいたい旨を女性に伝えた。
すると、にこやかに「かしこまりました。」と、女性が応える。
また、セクシーエプロンというオプションを付けてたので、女性が裸エプロンの状態になった。

この姿でカレーを作ってくれるのか、と思いながらテンションが上がった。
材料を手渡し、キッチン周りの説明を軽くすると、手際良くカレー作りに取りかかる。
裸エプロンの状態でだ。

少々興奮気味の私だったが、熱心にカレーを作る姿に見とれてしまい、手を出すことを忘れてしまった。
40分程でカレーは完成し、女性から「できあがりました。」と、ニコニコされながら言われた。

「ありがとう。」と返事をすると、女性がもじもじしながらこう言ってきた。
「今、カレーを食べていただけるのですか?それとも、私・・・ですか?」

・・・フル勃起した。

気付けば女性をベッドに押し倒していた。
「あぁ・・・」
甘い吐息が、さらなるフル勃起状態へ誘う。
これはこれは濃厚なプレイだった。

プレイが終わり、時計を見ると、まだ30分くらい時間が残っていた。
「せっかくだから、カレー食べていい?」と、女性に聞くと「もちろんです!」と、元気な返事が返ってきた。
「〇〇さんも嫌じゃなかったら一緒に食べる?」と、続けると「いいのですか?」と、またまた元気な返事が返ってきた。

TVを付けて一緒にカレーを食べた。
味も旨かったが、二人で食べるカレーというシチュエーションが旨味を増した。
とても満足のいく150分だった。

後から知ったが、買い物も女性と一緒にしていいらしい。
次は、外で待ち合わせして、買い物を済ませて、料理を作ってもらい、エッチなことをするというフルコースを楽しみたいと思う。
とんでもなく楽しい時間だった。

【お店URL】
https://tsukinoshinju-shinjuku.jp/